良い講師の決め方

    1.お客様の担当講師

       カウンセリングの時にお客様のご希望をお聞きしご相談の上めさせて頂きます。

      さらに、体験レッスンでお客様が実際に講師と一対一でレッスンをされご納得の上で決定とさせて

      頂きます。

       お申し込み時点ですべてのレッスン日時と講師を確定させて頂きます。お客様に毎回講師の予約

      を強いる方法はとっていませんので、自分の気に入った講師のレッスンを継続して受講して頂くこ

      とができます。従って私たちの教室では、ご希望の多い講師を私どもが不正に操作していつも予約

      を故意に一杯にすることなどはありえません。また、レッスン開始後ご希望により講師を変更する

      ことも可能です。例えば日本語の話せる講師から日本語の話せない講師へ変更する、などです。

      老師の変更の詳細についてはこちらをご覧下さい。

       老師が1日にレッスンに集中できる時間は休憩をとりながら最大5時間が限度です。中学教師で

      さえ5時間はきついのです。5時間以上のレッスンは老師も集中が途切れ「聞いて」→「話して」

      のレッスンが出来なくなり、ただテキストを読むだけの手抜きのレッスンになりがちです。

       また、レッスン間隔は少なくとも30分以上が必要で、休息や前のレッスンのまとめと次のレッ

      スンの準備をする十分な時間が必要です。私たちの教室はレッスン間隔を少なくとも30分以上と

      しており、レッスンのまとめとして毎回レッスン進捗表をお送りしています。

       良い講師とはお客様のレベルと現状の問題を認識しその解決ができる能力をもった老師のことを

      いいます。私どもは、まず日本人カウンセラーがお客様とお話をさせて頂きます。ホームページ上

      での簡単な中国語レベルのチェックをさせて頂いた上で、習得の為の学習方法のお話(約1時間)

      をさせて頂きます。お客様のレベルと現状の問題を把握してそれを詳細を老師に伝え、その後老師

      は体験レッスンに臨みます。したがって老師は日本人カウンセラーの報告と体験レッスンを通じて

      お客様に内在する問題点の解決方法を明確に把握します。

       教室が日本人によるカウンセリングもしないで、お客様の中国語レベルと上達の為に解決しなけ

      ればならない弱点を知らないままにいきなり中国人講師にコンタクトさせて体験レッスンをさせる

      ことは無謀としか言いようがありません。これを適当な中国人老師任せと言います。こんな教室は

      お客様が如何に中国語を習得するのかの心配は二の次で単なる集客集金事務所化します。したがっ

      てお客様との連絡事を自動化し、お客様との間の敷居を高くします。教育とは教室とお客様との間

      の敷居を平らに近づけることに重要なポイントがあり、これこそが教室側の努力なのです。

       老師が日本人に中国語を習得するために重要な切り口があることを認識していないまま、中国語

      を聞くことができ漢字の読めない中国人の子供に対する教え方しか知らないままに日本人学習者に

      接することは、真にお客様の中国語の習得を願っているとは言えないのです。

       常識の範疇で申し上げますと良い老師とは次の条件を整えていることです。しかしこの常識が通

      じないのがまた中国人でもありますから、管理者による系統だった管理と統制が必要になります。

 

        1.標準の中国語が話せる講師。

          声母(子音)が正常に発せなれない若者が多くいるので注意を要します。

        2.漢字を知っている日本人への中国語指導法の教育を受けている講師。

          このことを知らない老師から教わったあなたは間違いなく中国語の哑巴になります。

        3.入門者を除き、日本語のできない講師が最適です。

          日本語をあなたに教わろうとする中国人老師もいることを知っていてください。

        4.レッスン中にメールを打ったり、映画や音楽をダウンロードしたり、電話を受けた

          り、ひどいのになると子供に宿題を教えたりしない中国人講師。普通の中国人は、

          自らを統制できませんので、中国人の行動様式の良くわかった管理者が常に目を光

          らせる必要があります。毎回のレッスン終了後に管理者が如何に中国人老師を管理

          し受講者に報告しているのか知っておいてください。中国人老師任せのほっとらか

          しになっていませんか。

        5.管理者との日々密接な連絡が取れている講師。

          受講者の要求は適当にあしらいますが、給与を払ってくれる管理者の命令にはよく

          従うのが中国人です。お客様と管理者、管理者と講師、の連絡が如何なっているか

          事前に知っておく必要があります。「お客様は神様です」の思想が普通に無いこと

          のに驚かないでください。

 

    2.入門

      初めて中国語を勉強されるお客様はピンインや講師の口の形をWEBカメラで示すなどの方法で発音

      の練習から始めますので、日本語の話せる教師がよろしいかと思います。日本語は出来るだ skype

      の文字で会話し耳に入らないようにしてください。

 

    3.初級

      少し勉強されたことのあるお客様も、日本語での説明があった方が理解が進むと思いますので日本語

      の話せる講師が良いと思います。

 

    4.初級 ・ 中級 (上達するかしないかの分岐点

      ある程度中国語を聞くことのできるお客様は、 1日の授業時間全てを中国語を聞くこと、話すことに

      あてることをお勧めします。「おうむ返しの練習」がもっとも必要な時期で、また教師の教科書を読む

      録音が必要な時期もこの頃です。お客様が日本語の出来ない講師をあえて選ばれることをお勧めします。

      間違いなく中国語が上達します。一対一ですからわかるまで何度でも講師にしゃべってもらうのです。

      まさに留学と同じ環境が出来上がります。確認したいことなどは Skype で中国語の筆談をして更

      に能力を高めてください。日本語や英語が出来る講師でも日本語からは完全に離れてください。 語学

      学習は何の言語であれ同じなのですが、上達に進むかあきらめるかの分かれ道がこのレベルの学習方法

      を誤ることなのです。

      聞き取れないと嘆くあなたに、さらに聞き取れない日が続きます。そしてあなたは、

           日本語で講師と話しますか?

           なんの目的で日本語で中国人教師と話すのですか?

           日本語で講師から何を聞きだしたいのですか?

 

      このレベルの学習に時間をかけてください。     

 

昔むかしの話です。

一般的に初級と言われる教科書で、週2回半年間日本で中国語を勉強した日本の若者が留学をしました。毎日中国語の世界で生活しています。中国語教室にも毎日通いました。復習も予習も一生懸命しました。でも街で中国語を聞き取ることができません。2ケ月程して何とか話すことができるようになりました。自分の話した中国語を相手が理解をしてくれたということです。中国語で買い物ができたりレストランで言葉で注文することが出来るようになったのです。でもまだ良く聞き取ることが出来ないのです。中国語教室では先生の話される中国語は随分聞き取れるようになったと思うのですが、街中の中国語の短い言葉さえ聞き取れないのです。若者は望みを棄てずに勉強を続けました。留学して5ケ月を過ぎた頃のある朝、かかって来た電話の中国語が中国語教室より不思議と良く聞き取れたのです。街中で飛び交う中国語が耳にどんどん入って来ます。この若者の耳にやっと中国語の通る穴が開いたのです。


      焦らず日々の学習を忘れずに     

 

下のグラフは中国語の学習と成長感を表したものです。

日々、中国語の音を「聞いて」→「話す」を継続して繰り返すことによって、学習の蓄積が継続的に行われます。このことは中国語の音があなたの脳に持続的に記憶されているということです。しかし、本人には成長している感じがしないのです。これを[成長の壁]と言って、あらゆる学習に表れ成績結果に差をつけるものなのです。仕事ができると言われる人とか、良く勉強ができると言われる人は、この壁を破らなければならない時期に確実に破り乗り越えて行っています。この壁を破る方法はただ一つ持続的学習なのです。焦らず、惑わず、ただひたすらに録音した老師の中国語の音を「聞いて」→「話す」を繰り返してください。階段の一つ一つがあなたの成長の証になります。

 

 

    5.中級 ・ 上級

      中国語を1年も継続して学習しているお客様は、もはやなんの躊躇がありましょうか。

      あなたが選ぶ講師は日本語をしゃべってはいけません。

 

当中国語講座の講師が
中国在住の日本人の女子児童をHSK高等試験に合格させました。

 

講師紹介

    紹介します講師は殆ど中国東北地方出身の方々です。中国東北地方とはチチハル、

   ハルビン、瀋陽、長春、大連、北京、などの地域で標準の中国語を話す中国人と昔か

   ら言われています。訛りの強い方のいらっしゃる中国大陸内陸部や南部ご出身の方は

   いません。

    大変申し訳ありませんが都合により講師リストの詳細は掲載から外しました。カウ

   ンセリングの冒頭に講師リストが載っている新しいURLをご希望のお客様にお知ら

   せしますので何卒ご了解賜りますようお願い申し上げます。



[ご注意]

 

 

 


 

中国国内では教師の賃金はほぼ一律化しています。
極端に安い賃金で質を落とした講師から中国語を教わるのはお客様の大損失になります。

 第一 教養があり品を備えた正しい中国語の話し方や標準の発音が学べません。
    中国人なら誰でも中国語をしゃべります。しかし中国人なら誰でも正しい

    発音や教養ある話し方を備えているわけではありません。ご存知のように
    日本語を正しく発音する中国人もごく少数です。
 第二 あなたは取り返しのつかないミーハー言葉や下卑た中国語を記憶してしま
    う可能性が非常に強くあります。想像して下さい日本にいる中国人たちの
    話す日本語を。多くの彼らは中国語は話すが教師ではないのです。
 第三 「安物買いの銭失い」の落とし穴に落ちます。
    中国では物やサービスに日本のように一定以上の品質がまったく無いこと
    を日本人なら誰でも知っています。中国では特にサービスの価格を落とせ
    ば質を底なしで落とされるのです。

当中国語講座の講師が中国在住の日本人の女子児童をHSK高等試験に合格させました。

中国国内で日本人に中国語を教える中国の若者たちの掲示板です。教わる日本人たちに
どのように指導すれば中国語が上達するのであろうかとの議論より、ピンインを教える
ことに時間をとれとか、小学校の教科書を使えば良いとか、日本語で話す時敬語を使う
べきかどうか、発音の舌の使い方の教え方を知らないとか、いやそんなこと指導しなく
て良いなど、まさしく中国語指導のノーハウの議論以前の幼稚な話をしています。こん
な中国の若者が教えても日本人の中国語は上達しないのです。俗に言われるように日本
人学習者は“カモ”になっているかもしれません。
                


[ご存知でしたか?]

 

 

 


 

 中国人の発音のちがいってどんなものがあるのでしょうか。私たち日本人からみれば誰も皆同じ様な発音をしているように聞こえます。ところが、ながく大陸で生活し毎日中国人の方々と接触しているとやはり発見できるものです。意外なことに、このことは中国人たちはほとんど気にしていないようですが私たち日本人には気になるところです。

 日本人の話す日本語でも、こもった母音の音、子音の不明確な音、発音できない子音等々いろいろな人がいます。同じように中国人の中にも多くの“くせ”持ちがいます。私が発見した多くの中国人の中に見られる代表的な発音(障害)をお話しましょう。

 次の表は中国語の基本的な発音を示すものです。中国語では子音を声母と言い、母音を韵母といいます。最近の中国の青年層の中にこの声母の音を正しく発音できない人を多く見かけられるようになりました。たとえ正しく声母の発音ができたとしても、声母の音の強さが韵母の音の強さと比較して弱い人がいます。これはかなり多くの人々の間で見られる現象です。なぜこのような現象が進行しているのかいまだ研究途中ですが、ひょとして英語の勉強のしすぎか、音読の減少か、あるいは伝達の曖昧さの風潮があるのかもしれません。さらに下のグラフを見てください。


 このグラフは中国人の女子大学生が発音した中国語の一部です。矢印間の声母の音の強さが韵母のそれと比べて小さいのが良くわかります。


 この様な発音の“くせ”を持っている中国人から中国語を習うと、日本人なら多くの人は頭が痛くなる(変に疲れる)のを感じます。聞きづらいままに継続してこの音を聞きますと正確な中国語の音がおぼえられないばかりか正しい中国語の習得ができません。逆に日本人がこんな音を発音することの方が難しいと思われます。

 さらに問題なのが一部の中国人の若者の中で間違った声母の矯正ができない人がいることです。以前私が日本語を教えた中国の若い女性たちに中国語の声母の発音ができないから日本語の発音ができないということに出くわしたことがあります。私は彼女らに中国語の発音を矯正したのですがどうしても直らないのです。そんな彼女らでも中国人の間では平然として中国語を話しています。それが中国語なのです。

 しかし日本人が中国語を教わる時はそんな鷹揚さは許されません。中国語を習おうとする人がそこまでわかって教師を選ぶことは大変難しいので、中国語の音に長けた私たちが推薦する講師から学ぶことは大切なことなのです。

 私たちは中国語の音を研究しています。音の研究成果から日本人に適した中国人講師を選んでいます。中国人なら誰でも講師になれる訳ではありません。現在の中国では、特に若者や学生たちに講師不適者が多くいます。

 

 


dxchinese1@gmail.com



Copyright 2008 DX Chinese

 

 

 

 

inserted by FC2 system